詩のテーマを考えるにあたって

何かしら書きたいのだけれど
何について書こうか
何にも思い浮かばなくて
誰かの真似をして
ジャグリングをしながら
脳を活性化してみると、
あなたとの色々なことが
頭に浮かんできて、
いずれのエピソードを
文章化してみようかと思ったけれど、
そう思うとほぼ同時に
その記憶を文章化することで
エピソードをいくらか
線型にしてしまうことが
もったいなくて
単に記憶を味わうことにした
記憶を純粋にそのままにすることが
できるかどうかは
分からないのだけれど、
でもなんとなく
そうしたほうが良い気がしたので
そうした
その結果、
詩作は
あんまり進まなかったけれど、
少しハッピーになった
静かな夜でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA