山々がカラフルに染まって
あかるい日ざしは
水面を輝かせる
一度に飲みほす事の
出来ぬ水流も
偶然橋を行きかう
人の群れも
静かな暗闇を大空へと
持ち上げるのも
澄んだ音を歌う
一粒の風でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA