生活が壊れるという事

恐れや不安
妬みや衝動的な欲求
それらに捕われた人は
二度と戻らない時間のたゆたいを
それらに突き動かされて
生きていく
その情熱は真実のものか
熱情の衣を纏った
怖れの影ではないのか
昔に傷ついて泣いた
子供時代の自分ではないのか
怖れや涙は自身を救わない
それらは内面に潜む獰猛な獣となって、
我々の時刻を進める
そうした人は
この世に生まれる事無く
死んでいく
我々は怖れ、
涙を流し、
怒りに我を忘れる自分を
温かなぬくもりを持って
抱きしめなければならない
そうして
魂が思いっきり泣いた後に
泣きつかれてぐっすり眠った後に
漸く
自分の感覚で
世界を捉えられる様になって、
生活を造っていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA