葉っぱ

葉っぱの先から
落ちた水滴は
風と話す
うつむく人に
上を向かせる
山車は狭い路地を通り
町中の人が
わいわいやった後
月は架かって
夜は眠る
暗闇の中に
しっかり、
ひっそりと在る
さびしい瞳は
砂漠の上を這う
ひとつの蟹に
水の在処を知らせる
距離という思惑が
心の在処を包んで
大切な人に
細やかな贈り物を
届ける
一枚の葉っぱは
土へと還り
見知らぬ誰かの
声になった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA