おぎなう

出来上がったと思っていたのに
ふとした出来事で
揺るがされる
心の中にある
脆弱な部分は
いつまでたっても消えぬ
きっとそれは
いつまでたっても消えぬのだろう
ひとつをとれば
他はとれぬ
だから
私達はおぎないあうのだろう
気に食わないことや
理解出来ないこと
共感出来ないことがあっても
そういうところがあるから
一緒に歩いていく
一つの体をつくる
もしも、
不愉快なものを全部取り除けば
残るのはひとりぼっちの自分ではなく
誰もいない場所
どうして
私は私なのか
特化したものと脆弱なもの
それらが
たくさん集まって
私をおぎなう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA