揺蕩い

抜け目のない
取り立て屋さんから
運命を回収されて
憧れの噴水は
コインが沢山
思い出にするための旅で
手をつないで
歩きまわったことの
大切さや嬉しさが
残渣としての淀みを
かき混ぜて
オリジナリティーの夢にする
愛していることを自覚できた
細やかな夜の紙芝居は
ホトトギスも鳴いていて
いつもと変わらぬ
流れの揺蕩い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA