名乗り

名乗りは、
繰り返しを禁ずる

けれど、積み重なる
日々の力に繋がる

その一歩を
踏み出すまでの時
旅も居眠りも
良いだろう

その末に漸く
名乗る季節が訪れれば
巡る季節は
消えるから

 

キャタピラ

キャタピラを履いて
外に出かけたら
段差に到達する度
膝ががくがくするだろうか
あるいはそれ以前に
歩きづらいかも知れない

ロケットつきのジャケットを着て出かけたら
気心知れた人と肩を組むときに
邪魔になるだろうか
あるいはそれ以前に
重さに耐えきれず、
外に出かけられないかも知れない

それだけが心配だ

あるラーメン

モチっとしていて
噛んだ瞬間に
ぷりんと弾んで千切れる
そんな麵が
美味しい脂と
透き通った醤油ベースの
スープに浸かっている
中央には
食べる人への感謝を込めて
行儀よく、丁寧に折りたたまれた
ローストビーフのような
チャーシュー
主張せずに、
それでもただのオマケにならずに
きれいすぎる全体の見せかけを
彩って
アクセントになっている三つ葉も
シンメトリーを崩した
遊び心のあるメンマも
どこにでもあるものを
どこにもないものに
叩き上げた職人さんの誠意は
ご馳走様と発するのが
嬉しい一杯

記録と花火

 目を瞑ってからみえる光は
音が去っていったあとの静けさ
語る前に語られて
既にそこに在る真心の入れ物
拘りつづけたあとに
燃えかすが残っているのだろうか
そうではなくて、
土が蘇る経過なのだ
思い出と、
一緒に生きた記録と花火は、
私の原動力だし、
優しくあれれば、ならなければ、
という端緒である

特別

日常はさ、特別なものでしょう
という言葉は、確かに一理あるのだけれど、
それでは物足りない
こんなにも多くの人がいて
こんなにも可能性に満ちているのに
特別なことを望まずに
どうしていられよう
過去に起こった辛いことや大変なことを
忘れるわけにはいかないけれど
それを繰り返さないようにすることを
極めて堅実に
進めていけるはず
作っていけるはず
世界の誰も出会ったことがないものに
予定を立てて
会いにいけるはずなのに
強い光の
柔らかい断面積を求める