信じる人達

落ちきった
砂時計の砂は
しな垂れて
気だるい
だが、目を瞑っていても
逆さまにすれば、
また、
朝と同じように
元気よく、
滑走する

人もただ、
流転していて、
日々ひっくり返されながら、
少しずつ容器全体が
アップデートされているのなら、
損なわれず、
いつまでも、
元気の良い営み

そういう規範に生きて、
疑いが微塵も差し込まれずに、
本当に信じきってしまった人達の観る、
世界と言葉は美しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA