anchor

夜月が映る海
会合にそっと
錨を下ろす
白い砂の砂漠
巻貝の殻を
見つけたら
心の奥にある
隠した想いを
吹き込む
白色雑音に紛れた日常を
乗り越える
暖色で縁取られた
所作が流されない様に
触れることの出来る温もりの
宛名を記して
錨を下ろす

どうしたの
嬉しいこと
悲しいこと
目に小さな虫が入って
悪が留る
留まれない記憶
思い出すこと
憧れ続けた温もり
手に触れること
祈りの果ての夢は
破れて
泪をながす
泪をながせない
いいえ
私たちは
泪をながす

red

毛むくじゃらが
寄りかかって
深く息を吐く
ふーっ
赤に溺れた私は
ワインレッド
もしくはワインレッドの毛に顔を埋める
交換可能なものから
交換不可能なものへ
誰も居ない島で
一人、波の音を聴く
流転する魔王なるものの横を通り過ぎて
がちゃがちゃと音のなる箱の中味を覗き込む
殻が割れて
傘下の教義が水に浸る
逆さまになった月の下で
お月見をして
後で還る

展覧会

ほっぺにキスして
カランコロン
円周を縁取って
屋上の池に飛びこめば
雲の温度が
体にしみこむ
目を開けたままにして
でも口は閉じていて
貴方の思惑が
転がっていった金貨を
踏みつぶさないように
二人の会話の間を
目配せと息づかいで
満たしたら
深く深く
存在を満たして
非存在するものの息づかいに注意する
高く飛んで
雲の上でふざけあったら
ほっぺたでキスを
柔和な竜が
架かる輝きを絵画に描いたら
展覧会の幕が開く会場の隅に住む
猫の家族の毛繕いする姿をみて
「あ、猫だ」と一言と木々の葉の音
愛の有りうる場所で一番安堵できる場所で
野菜スープをことこと煮込んだら
ぽこぽこと泡にゆられて
あまりにくらくらしたので
駱駝に乗ったら
体が楽だ

eternal

彼岸に
立ち止まること
つばを飲み込むこと
手に搾られた布の色
駅に架かる鳩の家
穏やかな波音
ものことが続いて
生きていても
良いと念う
おしゃべりな人は
無言で
盤を交わす

水面

静かな夜
三日月は雲をまとう
穏やかな季節の
心地よい風は
私を包み込む
昼間の喧噪で舞い上がった
澱が沈み
優しい水面の側に座って
針も竿もなく
釣り竿を
垂らす
浮き上がって
空に向かう言葉は
一つずつになる
一瞬
風が冷たくなり
波が立つと
整然さを失った言葉達が
めいめいに踊りだし
収拾がつかなくなるが
そっと目を閉じ
息をつけば
魚籠に魚が入る

名前を呼べる幸せ

こっちに来てほしいから
名前を呼ぶ
名前を呼べる
当たり前の日々
嬉しいことや
楽しいこと
腹が立つことや
我慢ならないこと
いろんなことをひっかけながら
名前を呼ぶ
おあとはよろしくなくて
誰にも変えることは出来ない
関係性の絆
一生懸命に
名前を呼ぶ

左目に広がる
夜の青空が
異国でみた
空の記憶と酷似する
両手を伸ばして掴んだ
中古のオートバイで
羊を追う
三角形の糸が
空から垂れて
一寸法師の小舟に
風が吹けば
鴨がゆらゆら

手つなぎ

体が固まって動けない
崇高な事も
ポジティブな事も
鈍い歯をゆっくりと動かすから
骨を左右して
余裕がない
汗と体臭にまみれて
貶められた自尊心は
阿鼻
芽を出した二葉は
倒れた人の
顔の高さにあって
ようようと陽の光を浴びる
色が混乱して
青色の四角が顔にぶつかって
痛い
のばした手の先に
枯木は
仲間外れの世界で
閉じ込められる
夜の時間が訪れる
その時に
半周回った命が
是のガラスを割って
生きることの火を連れ戻す
痛みへの呪詛や
切り裂くような環境音が聞こえなくなって
目を開けると
どこか疲れた
みなれた人との
手つなぎ

せめてきれいごとを

せめてきれいごとを
瓦礫に埋もれた街の
いつしか忘れた子守唄
声の届かぬ井戸に
おいていかれた
子供の烏帽子は
水に濡れ落つ
葉っぱの妖艶
連れていかれた
あの子のお手を
掴み損ねた悔いもない
以前と変わらぬ装いの
他人の音頭
当てにならない
天気の夕方
絶望せぬよう
あるいは
果たせぬ雨に打たれて
生きるため
せめてきれいごとを