守られるべきもの

普段の生活を
余裕なく、刻み
突如あらわれた
今、ここにある悲劇を
蚊帳から追い出す
思い通りにいっているという
つくり笑いを
テレビで見ながら
、吐く
汚染されたのは
自然
駆け回っていた人達
普段
、心

熱したコンクリートを
海へ流し
ジュゴンを埋める

心は蹂躙されている
境同性は
、狭い
、とても
偽りの共同体を
応援するのは誰か
何か、何故か
境界を、
守らなければならない
誤らないために

、守られるべきものを

自立性

自立性を制限しないと
他の自立性はみえない
干渉している自立性を
外してみないと
本来の自立性はみえない
あらわれているのは
本性として訴えかけるものなのか
気づかないことの反作用ではないのか
見掛けの静けさだけでなく
深々と雪が積もるように
壊れやすい硝子細工に触れるように
自立性、あるいは
隠蔽、剥奪されている、乱されている自立性の内に
存在を存在として
必要ならいつまでも座り続ける心構えで

たま

色や形
大きさが
ばらばらの珠を
糸で括って
ポケットに
入れようとするとき
ひとつの珠が
こっそり
床に落ちた
どこまでも
転がって
ピカソの海も
通り過ぎて、
海の水が
流れ込む穴に
ぼちゃんと
落ちて
ぶくぶくと
水にもまれて
もとのテーブルに
戻った

もや

海に
波がたったら
コーヒーカップをおいて
一つ息をはく
サラダの葉っぱは
スプーンですくう
いくつかの声が重なって
重なりすぎて
重くのしかかっているのなら
静かな場所で目を閉じて
十を数える
ひいふうみいよう
いつむうなあ
心から此処は
遠くもあり近くもあり
緊張がほぐれて
残った音のもやがとれる
析出