花束

どういうことで
あっても
雪は溶けて
風が吹く
新しい芽は
生まれいづる
もしも今
誰かのために
酸に両手を浸すなら
私の腕も抛とう
知らぬ間に
針を呑むなら
代理しよう
揺れ動き続ける
発電機とファンの音が
耳朶を裂くなら
私も一緒に
雨宿りをしよう
望まれない働きも
素直な花束
海の鮭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA