red

毛むくじゃらが
寄りかかって
深く息を吐く
ふーっ
赤に溺れた私は
ワインレッド
もしくはワインレッドの毛に顔を埋める
交換可能なものから
交換不可能なものへ
誰も居ない島で
一人、波の音を聴く
流転する魔王なるものの横を通り過ぎて
がちゃがちゃと音のなる箱の中味を覗き込む
殻が割れて
傘下の教義が水に浸る
逆さまになった月の下で
お月見をして
後で還る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA