蛍光灯の下でも

光は重なって
温度を上げる
人も同じだろうか
一緒にいる人が
ふいにいなくなると
すっと、温度が
下がるような気がするのは
朝も昼も夜も
雨の日も
風の日も
雪の日も
誰かが働いていて
その人ごとの
大切な人のため
前提とされていること
当然とされていること
そういうところにも
宝物があって
ただ何もせずとも
輝いている
陽の下でも
蛍光灯の下でも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA