春支度

忙殺された中で
誰かを思う時
その場を照らす
水差しの花

あとでといつかの
繰り返しで
過去、現在、未来
視線から外れた
線香花火

それでも、盆の水は、
また注がれて、
溢れていって、
再会を謳う

雪が積もり
知らぬ間に
落葉の裏では
春支度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA